妊婦さんの腰痛対策

妊娠中の腰痛を改善する方法で、まず思いつくのは、骨盤ベルトやガードルの使用ではないでしょうか?

 

骨盤ベルトやガードルの利用効果として代表的なのが骨盤を締め、骨盤の緩みを予防することですね。

 

骨盤を締めることで、腰痛だけでなく、尿漏れや恥骨痛、子宮の張りといったトラブルも予防することができます。

 

尿漏れも、妊娠中のマイナートラブルとして悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

私は、骨盤ベルトを産後、骨盤矯正のために購入したのですが、結構「骨盤が締まってるな〜」っていう感覚がありました!

 

腰痛に合わせて恥骨痛もかなり酷かったのですが、骨盤ベルトのお陰でかなり改善されました!

 

ガードルも購入したのですが、個人的にはベルトタイプがおススメです。

 

 

何故かと言いますと、ガードルタイプは、ガードルということもあって、本当に締め付け感が凄いからです。

 

ただでさえ動きが制限される妊娠中に、トイレなどでいちいちガードルを脱ぎ着するのは、かなり大変だと思います。
また、蒸れやかぶれも気になります・・・。

 

骨盤ベルトは、ベルトの装着部分も、恥骨の辺りを中心として巻くので、
お腹が苦しくなったり、ということはありません。

 

あと、ひとつ私からアドバイスするとすれば、産後に骨盤ベルトを購入予定の方は、産前に、産後と兼用できる骨盤ベルトを購入することをおススメします!

 

私は産後に購入したのですが、なんでもっと早く買わなかったんだろうと後悔しました(泣)

 

かなり私の個人的な意見を並べてしまいましたが、みなさん、自分に合った骨盤ベルトやガードルを探してみてくださいね!