妊婦さんの腰痛対策

妊娠中の腰痛を感じたらメリハリが大事!

妊婦さんは、臨月に向けてだんだんお腹が大きくなっていき、大きくなればなるほど、背中をそるしんどい体勢に無意識になっていきます。腰をどんなにかばおうが、お腹が重たくなってくるので、ある程度しかかばうことができなくなってきます。

 

妊婦さんの腰痛には寝具も関係してきます。
出来るだけ腰痛にならないようなマットレスなどを選ぶことがおススメです。

 

 

どんなに頑張って腰のケアをしても、腰痛が免れない可能性も出てきます。そのような時には、どんな過ごし方をしたら腰痛が悪化しないようになるのか?

 

私なりに工夫をして過ごし方を考えていました。

 

考えていた時につわりが始まり、どうにも辛くて横になっていた時に、腰の痛み具合がちょっと違うなと感じました。
腰痛を悪化させない為には腰を使わない方法をとる時間を増やすことしかないと気がつきました。

 

それからは、私は仕事をしていても、スペースを見つけて横になるようにしたり、家では学生の時のスケジュールのように50分間作業して10分休憩というように、集中できるメリハリ方法で対処をしていました。

 

動かないという選択はしませんでした。

 

動かない事という事が一番腰痛を悪化させるし、出産時に難産になる可能性が大きかったからです。

 

 

妊娠中に最低限度の腰痛ケアをしていることで、産後の腰痛は間違いなく短期間で終える事ができます。産後は、床に腰がつけないほどの激痛に見舞われ、強い鎮痛剤を打たないと寝る事さえできませんでしたが、それもたった3日間で無くなりました。腰の痛みは、気がついたらもう無くなっていました。どんなにしんどくても、毎日のケアは最重要なものだということを痛感致しました。