妊婦さんの腰痛対策

多くの妊婦が抱えている腰痛のつらさ

 

妊婦

 

妊婦の方の多くが、腰痛を抱えて悩んでいます。

 

妊娠をされている7割もの方が腰痛と戦っているのです。

 

腰痛が酷いために歩けないということもありますし、動けない、起き上がることすらできないと言う方もいるほどです。

 

お腹が大きくなってくると重く感じられるようになりますし、それに加え腰痛が起きるということは、大変に辛いものですよね。

 

人によっては、寝ている時が辛いと言う方もいます。

 

妊娠5か月から6か月辺りになると、お腹も目立ってくるようになりますし、圧迫されることや引っ張られることがあるために、どの様にして寝ることがベストなのか判断しかねるという面があります。

 

妊娠での腰痛には2種類あり、立って歩く際や座る時、寝るときや起きる時に症状がでることがあります。

 

そういった動作1つをとっても痛みが走り、辛くなるので、家で家事をするにも休もうと横になるとしてもつらさを伴ってしまい、動いで家事をしようとしてもままならないこともあるかもしれません。

 

そういったことを、周りも理解をすることが大事でしょう。

 

それでも、中には腰痛が辛いと旦那さんに訴えても特に反応をするわけではなく、理解をしてくれないというケースもあるのです。

 

妊婦の腰痛の辛さは、まずは旦那さんが理解してあげてほしいですよね。

 

ただ、男性にとっては理解するのが簡単ではないこともあり、理解が難しい旦那さんは多くいます。

 

それほどに、辛いものだということも知っておくべきですね。

妊婦の腰痛の原因は姿勢とホルモン、目の疲れが関係します。

 

妊婦の方に腰痛が起きてしまう原因としては、まず姿勢が関係してきます。

 

妊娠をすることで体重が10キロほど増加しますが、いつの間にか姿勢が変わっているということがあるんですね。

 

徐々にお腹も大きくなってきますし、骨盤や腰椎が前の方に傾くので、前に重心がかかるようになるということです。

 

とは言え、それだと倒れてしまいますよね。

 

なので、背中の筋肉が後ろの方に支えてくれることで、バランスがとれるようになっています。

 

そうなると、いつも背中が張っているようになるため、腰痛になってしまうということです。

 

元から姿勢が良くなかった方は、妊娠により体重が増えることで、さらに腰椎に負担がかかってしまうので、腰痛が悪化することも考えられます。

 

妊娠3か月ごろには、リラキシンという卵巣ホルモンの1つが分泌されます。

 

これは、出産時に胎児が狭い骨盤を通ることができるように、関節及び靭帯を緩める働きをするホルモンです。

 

出産をするためには必要なホルモンですが、緩んだ骨盤やお尻を支えようとすることで、腰が痛くなることがあるのですね。

 

さらに、妊娠をすると長時間でかけて買い物をすることもできなくなってくることがあります。

 

なので、ネットを使って買い物をすることもあるかもしれません。

 

そういったことから、パソコンやスマホなどといったものを多く眺める機会が増えると目を酷使してしまうものですね。

 

それに頭も緊張するものです。

 

それが強くなってしまうことで、骨盤が硬直してしまい腰痛になってしまうこともあるのです。

 

目の使い過ぎなどにも注意をすることが大事ということですね。

妊婦の腰痛対策@ -体に合った骨盤ベルトや寝具を選ぶ-

 

妊婦の方が腰痛で辛いときには、骨盤ベルトを利用してみることも一案です。

 

骨盤の中心部分や前、太腿の張っている部分など3つのポイントの線をベルトで巻きましょう。

 

骨盤が緩むことや歪んでしまうことを防いでくれます。

 

柔らかい素材のものや伸縮性がありフィット感に優れたものなど様々な種類が、ドラッグストアでも購入することができますので、おすすめですよ。

 

また、重いものの持ち方にも注意が必要です。

 

この際には、ゆっくりと持ち上げ、重心を移動させていきましょう。

 

片膝を付けてから腰の上に重心を移していきます。

 

底がフラットな靴よりも2センチから3センチほどはヒールのある靴なら、後ろに重心が移るため試してみてはいかがでしょうか。ヒールは安定感のあるものがおすすめです。

 

妊娠中は、寝ている時であっても腰に負担がかかっているものですね。

 

横になるベッドや布団にしても、身体が沈まないタイプのものが腰の痛みも楽になると考えられます。

 

それに、抱き枕を抱えて横向きになって寝ることも一案ですね。

 

足元にクッションを置いて、足を高くすることもおすすめです。

 

他には、うつ伏せに近い体勢で寝ることも手段の1つです。

 

普段の生活の中でも対策をして工夫することも大事ですね。

 

腰に痛みがあったとしても家事をしなくてはいけないこともあります。

 

アイロンや掃除機をかけるときには、前傾姿勢になるシチュエーションをできるだけ減らすようにすることも大事です。背筋は伸ばすようにしましょう。

 

妊婦の腰痛対策A -エキササイズやスイミングで負担を減らす-

 

エクササイズ

 

妊娠中に腰痛が起きたなら、軽く体を動かして対策をするのはいかがでしょうか。

 

筋肉が張っていることでも、腰痛は起こっています。

 

エクササイズを行い、筋肉をほぐしてあげると痛みを和らげることができます。

 

妊娠4か月から5か月以上であれば、ヨガやストレッチをすることがおすすめですね。

 

それでも、あまり自分の気分が良くない時には避けることも大事です。

 

妊婦の方ができるヨガでは、『ネコのポーズ』というのが定番ですね。

 

まず四つん這いの状態になり、肩幅ほどに開きましょう。息を吐きつつ背中を丸めます。

 

息継ぎをしてさらに息を吐き、背中を反らします。これをゆっくりと繰り返していき、腰を伸ばしていくのです。

 

また、1日に1時間以上ウォーキングをすることもおすすめですね。

 

ウォーキングをすることによって血行を良くすることができますし、それによって膀胱の機能が改善されることで腰痛も次第に治っていくからです。

 

腰が痛いことを理由に歩かないでいると、かえって膀胱の機能が衰えてしまい腰痛が悪くなってしまうことも考えられるのです。

 

それに、妊娠中期頃からはマタニティスイミングもできるようになりますね。

 

水力で移動をしていくため、負荷のかかる運動をすることと違い体力が必要ない点が特徴です。

 

マタニティスイミングでは、ドルフィンキックやいるかとび、バタフライなどといった、脊椎がしなる動きをします。

 

腰痛にも効果が期待できますので、専門家のアドバイスの元で行うと良いですね。

妊婦の腰痛対策B -高反発マットレスで質の高い睡眠を-

 

妊娠されている方は、腰痛対策として寝具に高反発マットレスをご利用になることも手段の1つですね。

 

高反発マットレスは体の圧力が分散されるということがポイントとなっているので、妊婦の方で腰に体の圧力がかかりやすくなっていたとしても、いつもと変わらない状態で就寝をすることができるのです。

 

寝返りをうつとしても同様であり、高反発マットレスの魅力と言えば反発力の高さになりますね。

 

反発力が高いということは、僅かなエネルギーだけで寝返りをうつことができるでしょう。

 

睡眠の質が上がりますので、妊婦の方の疲れている腰の筋肉を癒すことができ、改善に向かっていくということですね。

 

高反発マットレスは、何も妊娠中は産後の間しばらく利用をするだけではなく、高い耐久性があるため、大事に使っていくことによって5年から10年ほど使うことが可能です。

 

産まれたお子さんもある程度成長をしたら、高反発マットレスで一緒に寝ることもできます。

 

そうなれば、お子さんも質の良い睡眠が摂れるのではないでしょうか。

 

高反発マットレスには、『モットン』という製品があります。

 

マットレスは、硬すぎる場合は胸や腰部分に負担がかかってしまうものです。

 

そうなると、筋肉が休めなくなってしまいますね。

 

反対に柔らか過ぎても反発力がないため体が支えられないので、体が歪んだような状態を生むのです。

 

モットンなら体をバランス良く持ち上げることができますし、肩からお尻までのラインが平行になるように設計されています。

 

なので、理想的な姿勢を保ち寝ることができますね。

妊婦の腰痛対策C -溜め込みやすいストレスの発散方法-

 

妊婦、ストレス

 

腰痛を抱えている妊婦の方は、生活上で何かと制限があるものなので時にはストレス発散が必要です。

 

一人で自由に過ごすということは、妊娠中の時期しかできないでしょう。

 

例えば、芸術鑑賞をすると言う場合にはお子さんが小さいうちは行きづらい面もありますね。

 

美術館に行くことや、映画を観に訪れることも、妊娠中の時期にストレス発散法として選択肢となるのではないでしょうか。

 

観るだけでスカッとするようなアクション映画でも良いですし、泣ける感動映画でも良いと思います。

 

お出かけするときっと気分転換になるでしょう。ただ、腰痛があるなら映画を観る際には注意をしながら観ることも大事ですね。

 

また、女性だと食べたいものを食べてストレス発散をするという方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、美味しいものは食べたいけれど体重管理をしなければいけないとなると、大変な面もありますね。

 

それなら、食べた際にはその分だけ歩くなどして運動をすることで、いきなり体重が増えるといったことも抑えられるでしょう。

 

ウォーキングなどは、腰痛のある妊娠中の方の対策にもうってつけなので、試してみてはいかがでしょうか。

 

さらに、妊娠中でもカラオケを楽しむこともできます。

 

大きな声で歌うのは、お腹に圧力がかかり良くないと思われるかもしれませんね。

 

しかし、それは問題ないと言えるでしょう。

 

カラオケはストレスが発散できますし、1曲で6キロから8キロカロリーほどは消費できますので、ちょっとした運動になります。

 

腰が痛くても黙ってばかりでは良くないので、適度に運動をすることも大事なのですね。

妊婦さんの腰痛事例@ -起き上がる際の腰痛-

 

妊婦の方で腰痛に関して悩んでいらっしゃるケースがあります。

 

妊娠6か月に入ろうとしていると言う妊婦の方は、安定期に入ってから腰痛が起きて立てなくなる時があるのです。

 

その方は、妊娠をする前にも仰向けの状態になった際に腰が痛くなっていたとしています。

 

その後、妊娠をしてからは起き上がると腰のねじが外れてしまったような状態だとおっしゃっています。

 

そして、重心を左足に乗せるとより痛くなるのですね。

 

こちらの妊婦の方は、背筋を伸ばすことによって痛みが和らぐということで、これは単に姿勢が悪いことが原因で腰痛になっているということなのかと悩んでおられるのです。

 

妊娠中はあるホルモンによって骨盤周りを緩くするという方法があり、中には腰まで緩くなってしまう方もいると考えられますね。

 

腰が緩くなることで腰痛が酷くなることもあるので、安定期前から腰痛があり、立っていることすら辛いとケースもあります。

 

それに、寝ている状態から起き上がることも痛みが走り大変になるのです。

 

その痛みは、足の付け根自体がずれてしまっているのではないかと思えるほどだとも言われています。

 

この悩みの解消法としては、以前より整骨院に通っていたという事例において、妊婦であることを伝えた上で骨盤の周り辺りを矯正してもらうという方法もあります。

 

そして、それに加えて骨盤ベルトを使用して支えるのがお勧めの方法です。

 

出産までは、この様にして対策をしていく方法があるということですね。

妊婦さんの腰痛事例A -本当に効果のある腰痛商品は?-

 

妊婦

 

ある妊娠6か月の方は、元は腰痛がなかったものの2週間前から腰が痛くなってきたということです。

 

デスクワークをしていて立ったり座ったりという動作が多いこともあり、腰痛を和らげたいと願っておられます。

 

整形外科に行くと、腹帯やベルトをすることで腰痛が良くなると聞いたので、妊婦帯セットを購入して腹帯とともに使用してみたということです。

 

しかし、伸縮の良さによってかしっかりとしめたとしても、すぐにずれてきてしまうことで、効果が得られませんでした。

 

夏場にはむれないものを使いたいということで、むれない仕様になっているものは支える力が弱いものが多いのだろうかと、悩まれています。

 

では、腰痛の対策をするならどういった商品が良いのでしょうか。

 

エンゼルの商品だと、1万円ほどの値段になるものの腰に負担がかかることもなくしっかりと守ってくるでしょう。

 

イオンにも置いてあり、試着ができる可能性もありますね。

 

もしご近所に扱っている店舗がなければ、ネット通販でも購入をすることができます。

 

また、臨月まで仕事をしながら頑張っていたと言う方も中にはいます。

 

その方は勧められたこともあり、とこちゃんベルトを使っていました。

 

使いやすさがありますし、体調次第で締め具合を調節することもできる点がポイントです。

 

病院で勧められることもありますし、2回目の出産時にも使えるということで、耐久性にも問題がありません。

 

腰がより楽になるのは、ぎゅっと締めた場合となっています。

妊婦さんの腰痛事例B -整体へ通うよりも産婦人科へ-

 

初産で妊娠20週目の妊婦の方も、腰痛に悩まれています。

 

4か月頃から起き始めた腰痛が、5か月を超えるとより悪化したということです。

 

横になったなら起き上がれなくなることもありますし、夜中にトイレに行っても便座から立ち上がれなくなるほどだったのです。

 

これまでは朝は痛みが楽であり、夜になっていくにつれ酷くなってきていたのですが、今では朝から痛みが出るために掃除もできない状態だと言います。

 

とこちゃんベルトを購入したということですが、上手に着けることができていないのか、痛みが引かないということです。

 

とこちゃんベルトはすぐ効果が現れるものではないのだろうかという点と、他にも腰痛を治す方法がないものかとおっしゃっています。

 

ベルトの適切な使い方については、産婦人科医において看護師の方や助産師の方が教えてくれるでしょう。

 

妊婦の方で、腰痛を治したいということで整体などに行かれる方もいるかもしれませんね。

 

しかし、妊婦の方が気軽に整体に行くことは、骨盤を痛めてしまう原因となってしまうことから、避けるべきだと言われることがあります。

 

整骨院もありますが、こちらも扱っているのが捻挫や打撲、骨折や脱臼といった症状になっています。

 

要するに、治療できるのは健康保険適用範囲なのです。

 

そういったこともあり妊娠中の方が抱える腰痛の対策では通うことは適していないということですね。

 

治療に関しては、産婦人科の医師に相談をすることも一案と言えるでしょう。

妊婦での腰痛予防には、妊娠前からの対策も大事

 

妊婦の方が腰痛になってしまうということは、多く見受けられますね。

 

そこで、妊活をしている最中から腰痛の対策をしておくというのはいかがでしょうか。

 

妊活中にできる対策というと、まず鏡の前に立ち姿勢をチェックすることです。

 

何だか姿勢が悪いような気がする方は注意をしなければいけませんね。

 

筋肉の働きが低下することにより、姿勢が歪んでいるように見えることがあります。

 

筋肉の働きが低下すると、関節や椎間板にまでも負担がかかることがあります。

 

妊娠前から腰痛対策をして妊娠してからの姿勢の変化で腰が痛くなることを防げるようにしておくことが大事ですね。

 

まず、普段の生活の何気ない動作からも腰痛を予防しましょう。

 

鞄を持つとしても、いつも同じ側の方にばかりかけていると、腰痛の原因となります。

 

体のバランスが崩れてしまうからです。

 

なので、鞄は交替で肩にかけることも有効です。

 

座るときに、足を組む癖がある方もいることでしょう。

 

そういった方も、普段から座り方を見直すことが大事です。

 

もしかしたら、あなたの座り方は姿勢を悪くしてしまっているかもしれないのです。

 

姿勢よく座ることを心がけるようにすることで、腰痛になる可能性を減らすことに繋がります。

 

さらに、猫背気味だなという方は、意識して背筋を正すことを行ってみてはいかがでしょうか。

 

このように、妊活をしている間から妊娠中の腰痛を防止することができるので、試してみることも一案ですね。